泡洗顔がニキビに有効なのはなぜか

ニキビケアには、固形石鹸を使った泡洗顔がベストです。

固形石鹸はアルカリ性で、弱酸性の肌に対しては刺激が強いです。しかし固形石鹸は弱酸性の石鹸と違い、界面活性剤を残さないので肌環境を良くして、肌を育てる事が出来ます。ニキビはアクネ菌が引き起こす炎症です。

皮膚炎なので、皮膚のターンオーバーを促してあげれば、早く治ります。そのための肌作りに有効なのが、固形石鹸を使った泡洗顔です。泡洗顔では、ふんわりとした泡を使って顔を洗うので、ニキビにダメージを与えません。泡立てないとゴシゴシこすり洗いのような状態になってしまいますが、泡ならばふんわりと顔に置くだけで洗う事が出来ます。

泡ならば肌に近い弱酸性の石鹸でも良いのかと思うかもしれませんが、これだと洗浄力が弱く、泡をのせただけでは皮脂汚れが残ってしまう可能性があります。それに対して、固形石鹸はアルカリ性で洗浄力が強いです。なので、固形石鹸を泡立てて顔にのせてぬるま湯で洗い流すだけで、ほとんど皮脂汚れは落とせます。

ニキビをいじると炎症が悪化してしまいます。なので洗顔中もなるべく刺激を与えない事が必要です。そのために、洗浄力の強い固形石鹸を泡立てて顔にのせるというのは理にかなっているのです。洗い流す時には、時間をかけてしっかりと流す事が重要です。石鹸カスが残っていると毛穴をふさいでしまったり、肌トラブルを引き起こす原因になるからです。泡をのせた時間の2倍くらいの時間をすすぎに当てましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *