ニキビを健康的に治す

世間では、多種多様なアプローチでニキビを治そうとする人たちがいます。

「肌を少し乾燥させる。」「毎日汗をかいて皮膚の汚れを落とす。」「洗顔ではごしごし洗わずに、ゆっくり丁寧に洗う。」などなどがあります。これらの方法は、決して間違っているというわけではありません。むしろ、効果的な手段もいくつかあります。

しかし、手段といっても、間違った方法ですとむしろニキビを悪化させたりする可能性がありますので、注意しなければならないことも多いのです。つまり、どのようにしてニキビが悪化するのかという原理を知ることが、予防、修繕への近道です。

人間には、老若男女問わず、「ホメオスタシス」という機能があります。日本語でいうと、「恒常性維持機能」というものです。寒いところに行くと、人間は体を震わし、摩擦の原理から体を温めようとします。このようにして生命を維持しようしているのです。

ニキビにも言えることで、人間の皮膚の細胞は短期の内に剥がれ落ち、また新たな細胞が皮膚を作りあげます。しかし、ホメオスタシスがうまく働かないと、新しい細胞はつくられなくなり、古い細胞が下へ下へ、毛穴の中へ中へと入っていき、油分をエサとするアクネ菌が成長し、そのまま大きくなってニキビになります。

ホメオスタシスを正常に働かせるためには、夜にしっかりとレム睡眠を取ることです。毎日太陽の光を浴びると、メラトニン物質が出てき、夜にぐっすりと眠れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *