困ったニキビの状態にならないために

ニキビが顔にあると、気分が塞ぎがちになります。

急に暗くなっておちこみやすくなります。当事者にとっては年頃だからといって、笑って済ませることではないのです。ニキビがあると見た目で損をして、異性からモテなくなったりなど、不本意なことも起きてしまいます。

また例え、交際相手がいたとしても、なかなか治らず、顔のニキビが花盛りのままでいると、いつの間にか相手が、離れていってしまうなどという悲劇さえ起きたりするのです。それでは本当に塞ぎ込んだり、暗くなってしまいます。どうしても人は外見が気になるもので、顔やファッションに目がいってしまいがちです。

特に若いときはなおのことです。また、人と話をする時は相手の顔を見て話すことが当たり前なので、ニキビが出来ていることは隠しようがありません。では、このような困った状態に陥らないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。とにかくニキビは作らないということです。もし、仮に一つ二つと出来てしまったら、その時はすぐになくなるように努力することです。けして、慌てて爪や指で潰さないことです。

そうすると菌が増殖してしまい、さらに増えていってしまうからです。にきびをなくすために、増やさないためには、マメな洗顔を心がけることが大切です。にきびが少し出来てしまったり、出来そうなときには、特に甘いものや脂っこいものは控えるようにしましょう。

また、にきびによくきくといわれるビタミンBを多く摂るようにしたり、緑黄色野菜を沢山たべるようにします。あとは脂性肌用の化粧品などを使って、肌の調子を整えたりすることで、にきびのない美しい肌へと導いてくれることになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *